>>>税理士紹介<<<

2017年03月10日

etax 確定申告 住宅ローン

etaxを使って自分で書類を作ることができれば
税務署に必要書類を添えて送るだけなので簡単ですが、
私みたいに素人だと住宅ローン控除を受けるために計算したりしないといけないので
書類不備で不安いっぱいですよね〜


なので税務署に行って教えてもらいながら作ろうと思って管轄の税務署に行ってきました。



しかし・・・



税務署についたら駐車場にすらはいれず、
公道に長蛇の列が・・・(午前10時時点で)


警備員がきて窓をコンコンされて
「ご覧の通り渋滞してます。駐車場に入れるまで、いつになるかわからないので帰ったほうがいいですよ」
と言ってきました。


「いつでも来れるわけではない」と伝えると
市役所の確定申告相談でもできるからと言われ市役所に向かいました。


市役所では地区ごとに日にちを儲けているのですが、
上記のやり取りを話すと対応してくれました。

しかし住宅ローン控除について詳しい人がおらず、
課長が対応してくれたのですが、
悩んだり、わからないところを他の担当者と相談したり、
みんな分からなければ調べたりと2時間位かかりました。


なんとか終わって帰ろうとしたときに
「住宅ローン控除をやりにきたひとは初めてなので・・・すみません」
と一言言われて帰りました。


結局丸1日つぶれたので
自分の日当を考えると税理士に頼んだほうが楽ですね。

>>>確定申告の依頼はこちらから



面倒なので、ついでに個人事業の確定申告も今年はじめて税理士さんにお願いしましたが、
個人事業主の確定申告で1万円ちょっとくらいでした。

税理士=高い
と思ってましたが、これくらいの費用なら頼んだほうが絶対得です。

節税のアドバイスまでもらえるし、
面倒な作業から解放されるし。

いままで自分で確定申告して所得税がっぽり持って行かれたので
本当にはやく頼めばよかった。。。


ちなみに住宅ローン控除の確定申告に必要な書類はこちらのページに書いています。

住宅ローン控除 必要書類


posted by たくお at 14:53| Comment(0) | etax 確定申告 住宅ローン

2017年01月27日

確定申告 住宅ローン 必要書類 サラリーマン

サラリーマンの方が住宅借入金等特別控除
いわゆる(住宅ローン控除)を受ける際に必要な書類は
・印鑑(認印可)
・源泉徴収票
・住宅取得資金に関わる借入金の年末残高賞笑書
・登記簿の謄本又は妙本(登記事項証明書)
・売買契約書の写し
・請負契約書の写し
・銀行の口座番号がわかるもの

あとはマイナンバーカードか
マイナンバー通知カード+免許証などの写真が入った身分証明書
が必要になります。

平成28年度分の確定申告から住民票はいらなくなりました。


確定申告の期間は2/15〜3/15ですが、
源泉徴収票が手元にあれば1月から確定申告ができますよ!


2017年01月15日

確定申告 住宅ローン 中古住宅

住宅ローンを利用して中古物件の住宅を購入した場合、
確定申告をする必要がないのでしょうか?

という質問をよく頂きます。


結論から申しますと、確定申告をしていないサラリーマンの方で
築20年以上経過した中古住宅を購入した場合、
住宅ローン控除は受けることが出来ないので確定申告の必要はありません。


しかし・・・
住宅ローンを利用していなくても
・バリアフリー改修工事
・省エネ改修工事
をした場合は「住宅特定改修特別税額控除」を受けることが出来ます。


詳しいことは国税庁のサイトに詳しく書いてありますが、
よくわからないという方もおられるかと思います。

その時は税務署に電話をされると丁寧に教えてくれますよ〜



posted by たくお at 22:35| Comment(0) | 確定申告 住宅ローン 中古住宅
確定申告 住宅ローン」の先頭へ